Nagareによるエアロゾルシミュレーション  

計算モデル

  • 飛沫は球形粒子として近似
  • 粒子の直径と密度が選択可
  • サンプルの粒子の直径は10, 30, 100, 300μm
  • 吹き出し口で空気に初速を与える
  • 粒子は空気の流れによる粘性抵抗と重力を受ける
  • 粒子の分布は希薄なので空気の流れ場へのフィードバックは考慮しない
  • 粒子分布が可視化できる


解説

Velocity Vector
Velocity Vector

大きい粒子(赤)は慣性力が大きいため先行している


大きい粒子(赤や黄色)は重力を受けて落下する

Velocity Vector
Velocity Vector

小さい粒子(青)は気流に乗って拡散する

小さい粒子(青)は空気中に滞留する
大きい粒子は壁面に付着し,後から来た小さい粒子に覆われて見えていない